2017年7月23日日曜日

第31話 意外と近くにある自然



雨でじめじめした天気が続きますね。

夏が近づくと涼しさを求めて水辺に行きたくなります。


市民に馴染みのある川

















そこは春はお花見、秋には芋煮会が行われる馬見ヶ崎川。

夏は川辺で水遊びをしている人がたくさんいます。


山形のプールといったらここ

















馬見ヶ崎川の橋を渡るとジャバというプールもあって

土日は親子連れが多く、建物の外まで並んでいます。


と、ここまでは来たことがあったのですが、

「向こうに神社があるよ」

と言われたことを思い出し、

今日はその先まで行ってみました!





見えてきた看板には、


広い…!

















なんとジャバも含めてある、

鈴川公園という大きな公園でした。


鈴川公園は

・馬見ヶ崎川の近くにあるジャバ

・スキーやピクニックができる双月の丘

・大きな沼のある、沼の辺の森

の3つからなっています

馬見ヶ崎川の向こうにこんな大きな公園があったなんて!


さらに道を進むと鳥居が見えて来ました。



愛宕神社。右は参道で、左は車道。


















立派なスギの木が並んでいて神聖な雰囲気。



綺麗な紫陽花がたくさん

















車道にも参道にも紫陽花がたくさんありました。

鳥のさえずりも聞こえて、こんな近くで自然を感じることができるとは。


これは行ってみたい!

















山形市を一望できるスポットがあるようです。


















進むと建物が見えて来ました。

さらに進むと山形市を一望できる場所に行けるみたいなのですが、


次はもっと早い時間に来よう

















遅い時間帯に行ったこともあり、

今日のところは引き返してしまったので、また近いうちに来なければ!

次は虫除け対策もしっかりして完全防備で!



(文・写真 長南秋穂)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------



2017年7月16日日曜日

第30話 一息、いかがですか?

連日の気温30度越え、照りつける日差し…
いよいよ、山形の本格的な「夏」が始まりましたね。




暑い中でも頑張っているあなたへ
仕事の合間に、勉強の合間に、ちょっと一息、つきませんか?




そこで、今回ご紹介するのは芸工大からすぐのスイーツ店。
その名も【Patisserie GrandSeaBa】




住宅街に馴染む、落ち着いた外観




















シンプルで、とてもおしゃれな店構え。
早速、入店です!




美味しそうなケーキがズラリ!




















まるでパーティーのような内装です



















棚にはクッキーやパンケーキが!




















こぢんまりとした店内に、綺麗に陳列されたスイーツの数々。
見ているだけでお腹が鳴ってしまいそうです。
思わずヨダレまで…




我慢できずに、聞いてしまいました。
「このお店のイチオシの商品はなんですか?」

「いちごのショートケーキです!」
元気な女性従業員の方が即答。とてもお勧めのようです。
これは、食べないわけにはいきません。




大粒のイチゴがアクセント!




〔ショートケーキ 300円〕
生クリームが思いの外軽いので、パクパクいけちゃいます。
ですが、高さもあるので、ボリュームは満点!
あっという間になくなってしまいました…




また、この夏期間限定で、冷スイーツ〔アイスクッキー 200円〕が登場!
キャラメル味とチョコバニラ味の2種類があるようです。
なんでも、“冷凍して食べる”新感覚のスイーツなのだとか。




どうですか?お腹、空いてきませんか?
気になる方は是非【Patisserie GrandSeaBa】へ!


(文・写真 迎田崚真)




【Patisserie GrandSeaBa】
〒990-2421 山形県山形市上桜田4-1-23
☎︎023-687-0212
営業時間 9:00〜20:00
定休日:毎週火曜日(休日は都合により変更になる場合あり)
駐車場:店舗正面に8台あり


2017年7月9日日曜日

第29話 隠したいけど言いたくなる








7月に入り、真夏日が続く山形市内。
最近まで雷や大雨を降らせていたとは
思えないほどご機嫌な天気さん。
晴れ間が続くのは良いのですが山形3年目の私、
この暑さには未だに慣れることが出来ません。






今回は真夏の暑さに負けないくらい
元気なお母さんがいる
素敵なお店を紹介したいと思います。






そのお店は山形美術館の裏にあり、
周りには住宅が並んでいます。
ですが、ひと際目立つこちらの建物。





















壁の一部が緑に覆われています。
何をしているお店なのか気になりますよね。
恐る恐るガラスの扉に手をかけ、
『こんにちは~』と小声で言いながら入店。
















































私を出迎えてくれたのは、
明るく素敵な笑顔のお母さん(正面からの顔出しはNG)と、
外観からは想像もできなかったほどの可愛らしい雰囲気の店内。
白い壁と白い棚に並べられた、様々な種類の雑貨たち。































そう、ここは1階が『雑貨屋さん』2階が『美容室』の
【hair & zakka Chum(チャム)】さんです。


ハンドメイド雑貨やお香、文房具を販売するお店。
実際にここのオーナーさん(息子さん)が作ったものや
レジ番のお母さんが作ったものも販売しています。
店内の家具もオーナーさんセレクトによるもので、
どれも可愛らしく、驚きが隠せませんでした!
























ちらほらと店内で顔を見せる、
この子は『チャム』と言うChumの公式キャラクターで
キーホルダーなどになって販売もされていますが、
写真のように隠れミッキーを探せをしている気分に
なれるものとなっています。





















そして、Army menも隠れているので
Chumさんに足を運ばれた際は探して見て下さい!





2階が気になるところではありますが次回、お伺いしたいと思います。
みなさんも【hair & zakka Chum】さんへ!





隠れ家のようなお店で、
自分だけの秘密にしておきたくなるお店。
だけど誰かにオススメしたくなるお店。
素敵なお母さんが、みなさんのことをお待ちしています。





(文・写真 武山奈月)




住所:山形市大手町2-51 山形美術館北向かい

電話:023-679-4267

営業時間
hair:11:00~20:00(火水木)
   10:00~20:00(金土日祝)
zakka:13:00~20:00ぐらい(金土日)

定休日:毎週月曜日+第2・4火曜日






2017年6月25日日曜日

第28話 時々、マルシェ



梅雨入りして蒸し暑い日が続いて、
なんだかやる気が起きない、、、。

でも、月に一度の楽しみがあると
頑張れるってこと、ありますよね?

今回はそんなご褒美みたいな
元気の出るイベントを紹介したいと思います!




ハンドメイドに注目が集まっている現代、
ですが、商品のやり取りは買ったり、売ったりで終わりがち。


ここではちょっと違います。


ハンドメイドには、作り手の特別な想いがある。
そんな手作りされたものを通して人と人が触れ合う場所。

その名も”kitokitoマルシェ”











































このマルシェは2011年から始まり、会場は山形県
新庄市十日町の新庄エコロジーガーデン側の広場。
青々とした芝生と木々に囲まれた穏やかなナチュラルガーデンと
昭和初期の擬洋風の建物のマッチングが魅力の空間です。



こだわりのカフェやオーガニックハンドメイトのブースが並び、
モノづくりワークショップは親子連れで楽しめ、


今月は肉フェスと言うことで
お肉メニューメインの店が並び、
昼間は長蛇の列が後を絶ちません!




「こちら馬肉の煮込みハンバーグになりま~す」























ワークショップでは、東北芸術工科大学の建築環境デザイン学科の
学生も参加していて、新庄市の間伐材を使ったカトラリーの
製作体験も行っています。



皆さんお肉を求めて並んでいます、、、!











































来月の7月はクラフト&フリーマーケットフェスを開催します。
古道具、アンティークグッズのが好きな方は必見!
ワークショップイベントはスツール作りや陶芸もやりますよ~




雪国で有名な新庄市は、夏も気温が低く、
猛暑の夏には避暑地にぴったり!

皆さんも是非クリエイティブな一夏を!


____________________________

住所:山形県新庄市十日町6000-1
日時:5月から11月の第3日曜日
時間: AM11:00~PM15:00
HP :「kitokitoマルシェ」
   https://kito-kito.tumblr.com/


(文・写真 鈴木千慧)







2017年6月18日日曜日

第27話 通りと緑と新感覚

暑いのか、寒いのか
まだまだ私たちを翻弄するこの季節

野菜や生姜で
熱中症対策しませんか?




ここすずらん通りには電線がなく
背丈の揃った建物がずらりと並んでいる。

今となっては静かになってしまった通りに
一際目立つ不思議な店がありました。

ファサード
















緑が店から溢れいる。

中の様子は一切見えないが、
特徴的な外観に圧倒されます。


恐る恐る入店。


店内1
















店内2
















高い天井
















素敵なチョークアートが目を惹く。
高い天井で広々しているが、
閉鎖された空間です。
バーのようなカウンター席や、
隠れ部屋もあり、
プライベートを楽しむには良い空間。


店名は「ROBINSON」

創作メキシカン料理を出すお店。
生姜がこの店の特徴です。


チリコンカンタコス

メキシカンナチョス















エビのプランチャ

































あるときは刺激的な味をし、
あるときは食欲を引き立てる香りをだし、
そしてあるときは甘味を引き立てる。

料理によって様々な違いが感じられます。



ROBINSONハイボール
生姜がとても合い悔しいくらい
おいしかったです。


ぜひ気になる方は自ら足を運んで、
その味を確かめてみてください。



楽しい感覚と出会えるかもしれません。


(文・写真 追沼翼)


2017年6月5日月曜日

第26話 非日常感




なんだか、ここはいい意味で違うな。
そう感じるスポットみなさんもきっとあると思います。




今回はそんな場所を紹介します。
山形市からちょっと足を伸ばした、白鷹町。




木の合間をぐんぐんと進むと森の中に
どっしりと構えた建物が待ち受けています。







ここは「瑞龍院」と言う、1453年、伊達持宗の創建された寺です。



この日が天気が少し悪かったので薄暗く、
それが逆にこの建物の威厳さをを際立てます。








少し周りを見渡すとパッと目をひく朱色の鳥居。






近づくとその迫力がさらに
感じられます。














鳥居の奥には、勅使門。
勅使門は、天皇や勅使と呼ばれる天皇の指示や
意思を天皇の代わりに伝える役目を持つ人のみが通ることのできる門。




ごつごつとした岩がなんとも言えない無骨さを醸し出してます。













奥に進むと立派な観音堂。







細部の作りまで見事な建物。
ぜひ、じっくり間近で見ていただきたい美しさです。





屋根の上に龍が乗って私たちを見下ろしています。
ちょっとドキッとしてしまいます。












人口的ではない池を発見。
思わず覗き込みたくなりました。





池の周りには綺麗な椿?
この瑞龍院は、朱色と緑と茶のコントラストが
非常に素晴らしいです。






これは屋根の一部?




とても大きく驚きました。
大きさがこの寺の威厳を表しているように思えます。







一般の住宅なのでお写真を載せられなかったのですが、
茅葺屋根や生垣、蔵などが瑞龍院参道に立ち並んでいます。
思わず声が出てしまうぐらいの美しい景観です。












瑞龍院は木々に囲まれたとても静かな場所です。
日常とはかけ離れた、世界観を体感しに
一度足を運んで見てはいかかでしょう?









(文・写真茄子川彩佳)


2017年5月28日日曜日

第25話 ずっと気になっていたところ

今週は寒い天気が続きましたね。
まだ夏は早いようです。

今回はずっと気になっていたこちらのお店に行ってきました。
















山形警察署の前にある、ろば珈琲。
車越しに見かけたことがある人もいるのでは?
















中に入ると数種類のコーヒー豆を売っていました。
カフェに来るというより、コーヒー豆を買いに来る人が多いようです。
















この日も豆を買いに来る人がいて、真剣に選んでいました。
















奥には小さなカフェスペースが。
私は、アイスカフェオレとチーズケーキを注文。
















大きなカウンターキッチンで作ってくれます。
















出てきたのはきれいな三角形のチーズケーキ!
しっとりとしたチーズケーキとカフェラテが合ってとても美味しかったです。

















また、入り口にはたくさんのコーヒーの麻袋が置いてありました。
どんどん豆を買っていくうちにこうなってしまったそう。
麻袋は一つ400円で売っているそうです。
インテリアに使いたい人、いかがですか?

落ち着いた雰囲気で、ゆっくりすることができます。
ぜひ足を運んで見て下さい。

(文・写真 長南秋穂)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ろば珈琲
営業時間 10:00~19:00
定休日 月・火
住所 山形県山形市南原町1-27-24 山形警察署前
電話番号 023-673-9369