2017年1月15日日曜日

第11話 山形の冬に、こんにゃくはいかが?


ついに数日前から雪が積もり始めました。
山形の冬、本領発揮です。


すっかり冬景色です。





















山形の寒い冬には玉こんにゃくが付き物。
醤油のしみた熱々のこんにゃくと、辛子のつんとした辛さが体を温めてくれます。
























ということで、千歳山のふもとにあるというこんにゃく店に行ってきました!
千歳山こんにゃく店です。

中に入ると…



暖かく落ち着きます。
一枚板のテーブルがかっこいい。


















火鉢、あったかい…


























店内は火鉢とペレットストーブでぽかぽかです。
そしてほんのり香るおいしそうなにおい。
早速注文です!




玉こんにゃくを注文しようかと思っていたのですが、
お品書きには気になる品がたくさん!
こん定食、そばこん、こんハンバーグ、こんスパゲティ…
全てこんにゃくを使っているようです。




さしみこんにゃく、こんにゃくと牛肉の煮物、糸こんにゃくの入ったみそ汁
こんにゃくづくし!





















僕はこん定食を注文。

温かいみそ汁は冷えた体によくしみます!
どの品のこんにゃくも全く別の食材みたい。どれも美味しい!
600円とリーズナブルですが、
肝心の玉こんにゃくを食べる前に満腹になってしまいました…





お土産にいかが?
















お土産用にもこんにゃくがあります。
刺身こんにゃくや玉こんにゃく、そばこんにゃくも。


昔から「胃のほうき」といわれ、
体を綺麗にするために食べられていたこんにゃく。

みなさんも今年はこんにゃくで健康に過ごしてみては?


(文・写真 芳賀耕介)



千歳山こんにゃく店

住所 山形県山形市松山3-14-1
電話 023-623-6669
営業時間 11:00~18:00
定休日 月・火



2017年1月6日金曜日

第10話 目立っているのに知らない








お正月が終わり、今日から寒中に。
暖冬とは言え朝晩の冷え込みは辛いものがありますが
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
私事ではございますが、本日 成人式 を迎えることができました。
この場をお借りし、ここまで育ててくれた家族に改めて感謝をします。
成人式が終わると、節分などの行事を迎え、徐々に春の足音も聞こえてきましょう。
皆さん、体調には気を付けてお過ごしください。







さて、今回ご紹介するのは山形市木の実町にある
ガラス張りの大きな建物 『大手門パルズ』です。
パルズの名前の由来として、イタリア語で 仲間 と言う意味のパルスを
複数形に変形し、造語としてパルズと言う名前を付けたそうです。







山形では珍しい雰囲気の外観







この建物はオフィス 兼 宴会場で他にもレストランがあります。
私はあるご縁から、レストランパルズと関わる機会を
昨年与えていただきました。
そこで、今回はレストランメインでご紹介していきたいと思います。







まずは、この外観からは少しわかりにくいかも知れませんが
レストランの看板らしきものが立っていました。
第一印象を正直に申し上げますと…『ここって入っても大丈夫なの?』と言う感じです。
スーツを着たおじ様方やOLさん、高齢のご夫婦が楽しそうに食事をしていました。







学生の私が入ってもいいのかな…。







ランチ650円!? しかもセルフコーヒー付で!?







第一段階はクリア。でもまだ心の準備が…。







内装はシックな雰囲気でさらに気が引き締まる







と、考えながらも一人で入店しました。
贅沢にも4名席に座らせていただいたのですがもう心臓はバクバクでした。
いざ!本日のランチを注文!!
待っている間も沢山のお客さんが。4名席に一人で座ってごめんなさい…。







なんて観察をしていると
『失礼しまーす。本日のランチでーす。』







サラダにデザートまでついてる!!!







恥ずかしながら『すごーいっ!!』と声に出して言ってしまいました。
味はもうとっても美味しく、本当に650円で良いのか…と考えるほどのクオリティ。
お腹いっぱいになったあとのコーヒー。セルフサービスではありますが飲み放題です。
このレストランを 
そして、このクオリティの食事をできることが
皆さんに知られていないのがもったいない!!







食事を終え、大手門パルズで働く、山口さんにお話しを聞くことが出来ました。
『やはりオフィスビルと繋がっていて、外観的にも入って良いものなのかと思われてしまう。
決まった年代の方々にしか来ていただけないのが寂しい。』と仰られていました。







実際、平日のランチの時間しかここは営業していません。
そして、人が多く集まる七日町からも離れた場所にあります。
人も車もあまり通らないところにある為、多くの人に知ってもらうには難があると言う現状。
本日のランチ以外にも和食や洋食もあり種類が豊富。安くて美味しいのにもったいないです。
ぜひ機会がある方、このブログをご覧になった方、お近くに用事がある方
入る時に多少の勇気が必要ですが、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?







------------------------------



『レストランパルズ』


住所  〒990-0044 山形市木の実町12-37

TEL   023-624-8600

営業時間   AM 11:30~PM 2:30

定休日   土・日・祝日






【文・写真 武山奈月 一部写真 大手門パルズ 提供】



2017年1月1日日曜日

第09話 80年代味わってみませんか?

あけましておめでとうございます!
新年初日からも楽しみ方ブログは更新してまいります!
今年も山形楽しみ方ブログを、よろしくお願い致します。

さてさて、今回私が紹介するお店は山形駅前にある“招き豚”というお店です!
招き豚は山形では珍しい立ち飲み屋さんでとても惹かれます。招き豚が出来た当時は都会で立ち飲み屋が流行していて、立ち飲み屋をすることにしたそう。

こちらが外観



中に入ってみると天井にぶら下がった沢山のレコードと壁にびっしり貼ってあるレコードのジャケットが目を引きます。





何でもこのお店コンセプトが80年代なんだそうです。
見てみると、見た事ある!って思う人を見つけられたりして面白いんです



こちらのおすすめはなんといってもメンチカツ。
全て手作りで作っていて、注文してから店長の萩原さんがあげてくれます!
お肉にソースの味が染み込んでいるためソースをかけずにお召し上がりください!

駅前に来たら招き豚!
是非立ち寄ってみてください!
わくわくするような80年代の雰囲気、活気のある山形の様子垣間見ることが出来ますよ!

【文・写真 小田島比奈子】

招き豚
住所:山形県山形市香澄町2丁目5-1
営業時間:前日17:00-1:00
定休日:無休

2016年12月27日火曜日

第08話 るーぷるとアリスの庭






新しい一年を迎えるために多くの人が帰省し始める時期です。
山形のまちに降り積もる雪が音や光を吸収しているせいか、人の気配が少なくなっていたような気がします。



年内の大学の講義も終わり、僕も地元へ帰って来ました。
高速バスで一時間ほど揺られて仙台へ。








今回は、山形からの交通もよく日帰りで楽しめる宮城に遊びに行く際の楽しみ方を紹介します。
紹介するのは、「るーぷる仙台」という仙台市中心部の観光スポットを結ぶ巡回バス。






ワンランク上感のあるこのバスこそ「るーぷる仙台」

















バスのロゴが入った目立つバス停


























このバスの魅力は、バス乗車中に運転手が風景や施設に合わせて、それにまつわる歴史や文化を解説してくれるところ。
「仙台駅までの帰りの手段はるーぷるではなく地下鉄の方が早い」なんて情報もアナウンスしてくれるので、仙台初心者も安心して乗れるとがいいですね。




今回僕はるーぷるを使って宮城県美術館までやって来ました。
ちなみに、美術館の付近の「国際センター駅・宮城県美術館前」という停留所にバスが止まります。











美術館正面


















この美術館には「アリスの庭」という場所があります。
そこは彫刻を常設した野外展示スペースで、作品に直接触れて感じ、多くの人に美術を楽しんでもらいたいという意図のある展示場です。



_______【アリスの庭】_____________




柱の向こうに見える彫刻先品たち


















湾曲したミラーが「アリスの庭」を
異次元的で不思議な空間に演出している。



















作品《野兎と鉄兜》



建物の隙間から入る光が
作品に力を与えているよう。























上部のミラーガラスが、
人の日常の感覚を少しだけ狂わせている。



















____________以上______________







他にも彫刻は置かれていて、太った猫や、カエルにまたがるロボットなど見ていて楽しい彫刻があります。
建物自体も非日常的な感覚を醸し出していて楽しい散歩道です。
ここは僕の好きな場所でもあるので、よかったら行ってみてください。
(あ、「アリスの庭は」野外展示場なので入場無料ですよ〜)







今回美術館までの移動で利用したるーぷる仙台では、
モデルコースをwebサイトに載せていたり、七夕や光のページェントに合わせて特別運行していて、仙台の中心部を楽しめるような運営をしています。







仙台駅のバス停にある、るーぷるのチラシ










































他にも1日乗車券や、入館料割引の特典などもあるようなので、
まだ知らない仙台を見つけるのに利用して見てはどうでしょう?









ちなみに光のページェント用の特別運行は12月31日まで行っているようです。
光のページェント号・夜間特別運行
(るーぷる仙台公式HPから引用)


















来年も、最後までまちを楽しめる投稿をしていきたいと思います!


今年も一年間ありがとうございました!
それでは、良いお年を!



【写真・文 秋山新作】



るーぷる仙台
るーぷる仙台HP      http://www.sentabi.jp/loople/about/
るーぷる循環経路      http://www.sentabi.jp/loople/img/about/map.png



宮城県美術館
住所    宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
開演時間  午前09:30__午後05:00(観覧券の発売は午後04:30まで)
定期休館日 毎週月曜
HP    http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
Twitter     https://twitter.com/miyagi_bijutu?lang=ja




2016年12月11日日曜日

第07話 山形で本格ハンバーガーを食べよう!

体力を奪われるような気候が続いていますね。

スタミナをしっかりつけて、
冬を乗り越えるためオススメの店を紹介します。




山形の本格派ハンバーガー店といえば

こちらFLEDGED BURGERです。

正面














入り口


















山形大学前に立地しているこの店舗
他にはない異国感を放っています。





中に入ってみると…
































とてもこだわり抜かれた内装で歓迎してくれます。

この内装は自主施工で作ったものらしく、
カウンターは84年代の古材を使用しているようです。

素晴らしいインテリアはオーナーさんの気持ちがこもっています。







一番みなさんが楽しみにしているものは
ハンバーガーですよね?
今回、私はアボカドチーズバーガーです。































とてもボリュームがあります。
平日は学生はドリンク無料です。


私は大好きなルートビアをお供に

















バーガーを頼むとポテトももれなく付いてきます。



バンズはとても食感が良く
アボカドもベストな状態
ビーフ100%のパティ
すべてここでしか食べられない味です。


このお店の何が素晴らしいかというと
待ち時間退屈な時間を過ごさないよう
free wifiを完備していることです。


ぜひ本格的なハンバーガーを食べてい方は
立ち寄ってはいかがでしょうか?





文・写真 追沼 翼)






第06話 裏道さんぽ

12月上旬 

最近は落ち着かない天気が続きますね。
そろそろ雪も本格的に降り始める頃。

休日寒さで目を覚ました私は
街中でちょっとした冒険に行きたくなりました。

ターゲットは東原周辺!

まずは以前から気になっていた
洋菓子店に行ってみたいと思います!



場所は山大から少し歩いたセレモニーホールの向かい

洋菓子店”コウシロウ”です。
























外観が素敵で目を引きます。


中に入るとお客さんの出入りが激しく
店員さんも、クリスマスシーズンのせいでしょうか?

慌ただしくお店の中を行ったり来たり。

繁盛ぶりが伺えます。



 



 
















 
忙しそうだったので今回は写真撮影だけさせて頂きました。
 
焼き菓子の種類が豊富で、自分で食べるよりは
誰かに贈り物として買いたくなるようなものばかり!
 
クリスマスらしい赤の装飾に、暖かさを感じます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中でもショウケースのケーキはお店のおすすめ品で
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスマスデザインのショートケーキは
ロールケーキやモンブラン
 
 
 
 
 
こちらはブランデーが入っていて少し大人の味です。
 
 
 
クリスマスケーキはぜひ コウシロウのケーキを
買ってみてはいかがですか?
 
今年の最後のお祝いに ちょっとした贅沢を…。
 
 
 
 
 
 
ここからは少し余談なのですが、
コウシロウを出て路地を少し入ったところに
大きなお寺がありました。
 
 
 


こちらのお寺は「正願寺」
なんだかちょっと新しいように見えます。

綺麗なお寺でした!


街中にこんな立派なお寺があるのは珍しいですが、
周りを見渡すと趣のある建物が多く




・・・あれ?あそこにもお寺?




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このお寺は「専称寺」
なんと境内に水路が引かれたお寺なんです!
 
中に入って撮影しようと自転車を止める場所を探していたら
向こうにもお寺が!
 
思わずそっちにすっ飛んで行きました。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上:「唯法寺」
 
下:「西称寺」
 
この二棟はほぼ向かい合わせに建っています。
すごく距離が近い。
 
 
 
 
 
また専称寺の前まで戻ってさらに奥へ進むと
 




















 
右手には「浄善寺」
左手には「円徳寺」
 
こちらもすぐ近くにあります。
こんなに寺院が密集してるところ初めて見ました。
 
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
突き当りにあったお寺は「浄現寺」
 
中は墓石が陳列していたので撮影は門だけにしました。
 
 
 
今紹介したお寺はすべて少し歩いただけで
巡り合うことができます!
 
寒いからと家でこたつにうずもれるのいいですが、
たま~にお散歩すると、面白い発見がある
 
 
 
 
かも?
 
 
 
外から帰ってきたら風邪をひかないよう
うがい手洗いを忘れずに!!
 
 
 
(文・写真 鈴木千慧)
 
-----------------------------------
 
『コウシロウ』
 
住所    山形市東原町1丁目11−14
定休日  木曜日